fbpx

AmiNature(アミナチュール) | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

簡単おいしい!新月の黒ぶどうジュースで作るおもてなし二層ゼリーをご紹介します

March 6, 2021
367 views
簡単おいしい!新月の黒ぶどうジュースで作るおもてなし二層ゼリーをご紹介します
LINEで送る
Pocket


AmiNatureの看板娘。ドライフルーツへの愛情は誰にも負けない。一番好きなドライフルーツはやはり桃。

こんにちはKAORIです。
暖かい日が続いたと思ったら急に寒くなったり、昼夜でも気温差があって洋服選びに悩みますね。
事務所では足元が冷えるので、スカートを履いていってもレッグウォーマーにブランケット姿でスカートの意味が全然がないです。
わたしは寒がりなので早く半袖で過ごせる日が来て欲しいな〜と思う今日このごろ。

1月末に販売させていただいた白ぶどうジュースと黒ぶどうジュースの売れ行きが好調に続いています。ありがとうございます。
もちろん砂糖や添加物は使わず、絞っただけの100%ストレートジュースなんですが、
甘くて濃厚で濃縮還元のような味わいになっています。
ぶどうジュースを使った飲み方や簡単なレシピを考案中なので少しずつご紹介いたします。

今日は黒ぶどうジュースで作ったヨーグルトムースの二層ゼリーをご紹介いたします。
山梨産のぶどうを皮ごと絞った100%ストレートジュースで作るゼリー。
黒ぶどうの酸味とヨーグルトムースとの相性もバッチリ◎
ジュース250mlで作れるのでジュースとゼリーと2回楽しめます。
おもてなしデザートとしていかがでしょうか?

簡単おいしい!新月の黒ぶどうジュースで作るおもてなし二層ゼリー

材料
<ヨーグルトムース>
・ヨーグルト無糖(生乳100% がおすすめ)150g
・砂糖 30g
・ホイップ 250g (絞るだけタイプ1袋)
・ゼラチンパウダー 5g
・ゼラチン溶かす用お湯

<ぶどうゼリー>
・新月の黒ぶどうジュース 250ml
・砂糖 15g
・ゼラチン 5g

<トッピング>
お好みでホイップ、ミント、アラザンなど

①下の段のヨーグルトムースを作る。ゼラチン5gを大さじ2の90度くらいのお湯で混ぜて10分程度おいて溶かす
②ボールにヨーグルトと砂糖を入れて泡立て器で混ぜ合わせる
③砂糖が溶けたらホイップを入れて混ぜ、溶かしたゼラチンを入れてさらに混ぜる
④スプーンですくってカップに半分くらい入れて、カップをトントン落としと上面を平らにする
⑤蓋やラップをして冷蔵庫で冷やす
⑥上の段のぶどうゼリーを作る。ゼラチン5gを大さじ2の90度くらいのお湯で混ぜて10分程度おいて溶かす
⑦ぶどうジュースを小鍋に入れ、砂糖を入れて沸騰直前で止める
⑧鍋に溶かしておいたゼラチンを入れて混ぜる
⑨粗熱が取れたら冷やしておいたヨーグルトムースの上に注ぎ入れ、蓋やラップをして冷蔵庫で冷やす
⑩トッピングにポイップやミントなどを乗せたら完成

白ぶどうジュースで作る場合はヨーグルトムースの砂糖を30g→25gにしてください。
黒ぶどうジュースは酸味があるため砂糖は30gくらいがおすすめです。
100円均一などで売っている蓋つきプラカップが便利です。

クックパッドにも詳細工程を載せていますのでぜひこちらもご覧ください。
クックパッド詳細レシピ
レシピID : 6680299

おわりに

今回の二層ゼリーはひな祭りのデザートとして、大人より少し小さめのカップで子供たちにも出しましたが、大人気でした。
白ぶどうジュースでも同じゼリーを作りましたが、酸味が少ないので子供でも食べやすいかなと思います。
大人はぶどうの酸味が感じられて、ヨーグルトのさっぱり+生クリームの甘さがクセになるような味だったので黒ぶどうジュースのほうをレシピとしてご紹介しました。
2本入りを購入して、2つの味を楽しむのもいいかもしれません。250miで4〜5カップできるのでおもてなしデザートとして本当におすすめです!ぜひ試してみてくださいね。

KAORI
みなさまに素敵なフルーツライフを。AmiNature KAORIでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

OUR TEAM

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR TEAM