AmiNature(アミナチュール) | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

紫外線による老化を体の中から防ごう!抗酸化力のある食べ物とおすすめレシピ3選

May 24, 2017
紫外線による老化を体の中から防ごう!抗酸化力のある食べ物とおすすめレシピ3選
LINEで送る
Pocket

AmiNatureの看板娘。ドライフルーツへの愛情は誰にも負けない。一番好きなドライフルーツはやはり桃。

こんにちは、KAORIです。
これから夏本番に向けて気になることといえば、紫外線対策ですよね。
日傘や日焼け止め、美白化粧水などで毎日対策に苦労する日々。どの日焼け止めが合う、どの美白用品がよかった、などと自分に合うものを探すのも一苦労。
そこまでしてがんばる理由は、紫外線は一番の老化の原因とも言われているからです。

ところで、紫外線対策するのは外部からのものだけと思っていませんか?
紫外線でダメージを受けた体は表面だけでなく体の内部でも悲鳴をあげています。
アンチエイジングや抗酸化作用、美容に興味がある方でしたら一度は耳にしたことがあるのでは。
今回は、紫外線の仕組みと、抗酸化作用によって防げる老化について詳しくご紹介します。

シミ、シワなどの肌の老化は8割紫外線が原因?!

紫外線の光による肌の老化を「光老化」と呼びます。
紫外線は3種類あるうち、わたしたちに影響を与えているものはUV-AとUV-Bの2種類。

UV-Aは太陽から届く紫外線の9割程度を占め、ガラスも通過してしまうほど強いもので、皮膚の奥の皮下細胞まで浸透してダメージを与えるものです。
肌の奥の細胞を壊してシワやたるみの原因をつくり、ハリや弾力も奪ってしまうのです。

UV-Bは太陽から届く紫外線の1割程度と少ないですが、肌の影響が短時間で出ます。表皮にダメージを与えるため、肌が赤くなるのはこのUV-Bが原因。
シミやそばかすなどの原因をつくります。

つまり、肌が黒くなる日焼けをしていなくてもUV-Aなどの強い紫外線を浴びることによってすぐに症状は出ていなくても肌は紫外線による老化しているということです。
加齢による老化はそのうちの2割、あとの8割は紫外線によるものだと言われています。(紫外線の基礎知識|株式会社コーセー|https://www.kose.co.jp/jp/ja/kirei/uv-care/step1/

紫外線の量は1年のうち5月〜8月が高くなっていますが、その他の時期が低いといってもまったくないわけではありません。

外出が多い仕事の方やアウトドアなどを楽しむ方はもちろん、買い物やちょっとした外出でも紫外線対策はしっかりしておきたいですね。
1日のうち紫外線量が多い時間帯が10時〜13時なので、その時間を避けて外出するのもひとつの手です。

抗酸化作用とは?食べ物の力でアンチエイジング

抗酸化作用って何?

生命を維持するために必要不可欠な酸素。その酸素を体内に取り入れてエネルギーとしていますが、その際に一部が高度の酸化力を持った活性酸素へと変化します。
活性酸素とは、ウイルスや細菌などを排除する役割も持っていますが、増えすぎてしまうと正常な細胞を傷つけてしまうことも。

これが生活習慣病の発症やシミ、シワなどの老化を早める原因となる「酸化」です。
肌が紫外線を浴びた時にも活性酸素が大量に発生するため、紫外線対策を怠ってはいけない理由のひとつでもあります。
活性酸素の発生を抑える=酸化を抑える、ということが老化を抑えるポイントになってきます。

抗酸化作用の高い食べ物で老化は防げる!

体の酸化を防ぐには抗酸化作用の高い食べ物を摂取することも重要。
抗酸化作用の高い栄養成分の代表例としては、ビタミンCやビタミンE、亜鉛、ミネラル、ポリフェノールが挙げられます。

野菜とフルーツに絞ると、野菜はほうれん草、キャベツ、ピーマン、ブロッコリー、トマト、玉ねぎ、ニラ、かぼちゃ、アボカド、にんじん、ニンニク、しょうがなど。

フルーツは桃、イチゴ、バナナ、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、柿、プルーン、ブルーベリー、いちじく、デーツ、くるみなど。

これらの食材を普段の食事に取り入れ、食べ物の力でアンチエイジングしましょう。身近な食べ物ばかりなので、少し意識するだけで変えられます!

抗酸化作用ばっちり!すぐにでも取り入れたいレシピ3選

かぼちゃとにんじんのあったかポタージュ

緑黄色野菜で栄養たっぷり!抗酸化作用も高いポタージュスープです。
とっても濃厚でお店の味のようです。

材料
・かぼちゃ 1/4個
・人参 1/2本
・玉ねぎ 1個
・コンソメキューブ 1個
・塩 少々
・水 200cc
・牛乳 350cc
・バター 10g
・生クリーム、ドライパセリ (トッピングにお好みで)

1.人参、かぼちゃ、玉ねぎの皮を剥きすべて一口大にカットする。
2.鍋を用意し、野菜と水を入れて煮立たせたら塩を加えて弱火で20分煮込む。
3.コンソメとバター、牛乳を先に100cc加えて混ざったら火を止める。
4.ミキサーに移し、なめらかになるまで撹拌させたら鍋に戻す。
5.残りの牛乳を加えて弱火であたためたら完成。

生クリームやドライパセリをトッピングにするのもおすすめ。甘みがあるので子供にも大人気です。
パンなどにつけても相性ばっちりです!

真夏にさっぱり、リコピンたっぷりのトマトマリネ

食欲が落ちる真夏でも、マリネなら酸味があってさっぱり食べられます。
切って混ぜるだけで簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

材料
・トマト 大1個
・新玉ねぎ 半分
・a.酢 大さじ2
・a.砂糖 大さじ1
・a.塩コショウ 適量
・a.エクストラバージンオイル(オリーブオイル) 大さじ1
・分量外砂糖 大さじ1

1.トマトを一口大にカットして、玉ねぎの皮を剥き半分に切り、スライサーでスライスする。
2.スライスした玉ねぎをボールに入れ、分量外の砂糖を入れてよく揉んで冷たい水にさらす。
3.エクストラバージンオイル以外のaを全てボールに入れよく混ぜる。混ざったらオイルを加える。
4.新玉ねぎをキッチンペーパーで水気を取り、トマトと玉ねぎを3と混ぜ合わせる。
5.冷蔵庫で冷やしたらできあがり。

コショウは粗挽きのブラックペッパー、塩は岩塩などを使うとよりおいしくなります。
トッピングに大葉を加えてもさっぱりしてよく合いますよ!

デザートにも抗酸化力!バナナとブルーベリーのヨーグルトジュース

抗酸化力の高いフルーツを2種類合わせたデザートジュースです。
腹持ちもいいので朝食などにもぴったりです!

材料
・バナナ 1本
・ブルーベリー 20粒程度
・ヨーグルト 50g
・豆乳または牛乳 50cc〜100cc
・氷 3つ

1.バナナを一口大の大きさにしておく。
2.ヨーグルト、豆乳、バナナ、ブルーベリー、氷の順にミキサーに入れて混ざったら完成。

冷凍のブルーベリーを使う場合は氷は必要ありません。
スプーンで食べるようなデザート感覚にしたい方は豆乳を50cc、ドリンクとしてごくごく飲みたい方は100ccにしてくださいね。
ブルーベリーのアントシアニンとビタミンたっぷりなバナナで抗酸化力を高めましょう!

まとめ

ドライフルーツにも抗酸化作用の高いものがたくさんあります。
例えば、ポリフェーノールが豊富なぶどうやプルーン、リコピンが豊富なトマト、クエン酸が含まれたイチゴ、強い抗酸化作用のタンニンが多く含まれる柿など。

生のフルーツが難しい場合はドライフルーツで補うのもおすすめ。できるだけ無添加ドライフルーツで栄養成分をそのまま摂取できるものがいいでしょう。抗酸化力を高めて体の内側からキレイを目指しましょう!

 

KAORI
みなさまに素敵なドライフルーツライフを。AmiNature KAORIでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

OUR TEAM

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR TEAM