fbpx

AmiNature(アミナチュール) | フルーツ農家が発信する内側から「キレイ」になるメディア

     DRY FRUITS SUPER HEALTHY MAGAZINE

フルーツで夏バテ予防!涼を感じるおすすめのフルーツ6選

July 17, 2018
270 views
フルーツで夏バテ予防!涼を感じるおすすめのフルーツ6選
LINEで送る
Pocket

南大東島生まれ沖縄本島育ち。フルーツと紅茶をこよなく愛するレア系男子。おすすめは柿のドライフルーツです!

梅雨も開け、本格的に夏のシーズンとなりました。

東京都心では先月13年ぶりの4日連続の真夏日を記録しています。
参考:東京都心4日連続の真夏日 13年ぶり(日直予報士 2018年06月28日) – 日本気象協会 tenki.jp

暑さや湿気が続くと体調も崩しやすくなりますよね。夏バテで疲れがとれない、あまり食欲がない、という方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、暑い夏を乗り切るためにおすすめのフルーツ6つをご紹介します。

「夏バテ」ってどういう状態?


ところで、「夏バテ」がどういう状態なのでしょうか?
説明するとなるとちょっとむずかしいですよね。

一般に夏バテとは、夏の暑さや湿気によって引き起こされる体調不良のことを指します。正式な医学用語ではありません。
具体的な症状として、「体のだるさ」「不眠」「食欲不振」などがあげられます。

夏バテが起こる原因は、夏の暑さや湿気から起こる自律神経の乱れです。自律神経が乱れることで消化器官の調子が悪くなり、そこから食欲不振や体のだるさなどに派生します。
また、冷房の効きすぎなどによる急な温度変化によっても夏バテは助長されます。

フルーツが夏バテに効く理由

一般的な夏バテ対策は、

1.栄養バランスの整った食事をする
2.こまめな水分補給
3.質の良い睡眠
4.適度に汗をかく

ことがポイントです。

参考:夏バテ予防のポイント|健康レシピ・食事・献立情報なら味の素パークの【レシピ大百科】

フルーツの摂取は、この4つの対策のうち特に1番と2番に効果が期待できます。
夏バテ気味の体は水分が足りていないことも多く、脱水症状から体調を崩しがち。
フルーツには水分の他にビタミンやミネラルが含まれていますので、水分補給だけでなく栄養補給も兼ねることが可能。
スポーツドリンクを飲む感覚で、夏バテ対策をすることができます。

夏バテ防止に効果的なフルーツ6選

  • ぶどう
  • キウイ
  • スイカ
  • バナナ
  • パイナップル

1.桃


桃にはペクチンと呼ばれる水溶性の食物繊維が含まれており、便秘解消をしたり腸の健康を整えたりする効果があります。
他にもカリウムやナイアシンなどの栄養素も豊富で、これらはむくみを解消したり消化を助けたりします。

桃に含まれる栄養素について、以下の記事でより詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。
ただ見た目がかわいいだけじゃない!桃に秘められた体にうれしい効果を知ろう

保存方法

桃は基本的に常温保存です。直射日光や高温を避けて保管してください。
桃は通常、日持ちさせるために固い状態で販売されています。
品種によって差はありますが、固い桃を柔らかくしたい場合は1〜2日ほど常温に置いてください。

おすすめの食べ方

今の時期が旬な桃は生で美味しく食べることができます。
ポイントは、食べる前に2~3時間ほど冷蔵庫で冷やすこと。桃の旨味を逃さずおいしく食べられます。

2018年は7月20日頃まで販売中です!

アミナチュールでは、今年も瑞々しくておいしい桃を販売しております!
2018年分は7月20日頃まで販売受付を予定しておりますが、数に限りがございますので、以下のショップリンクよりお早めにご注文ください!

2.ぶどう


ぶどうにはポリフェノールが多く含まれているため、夏の紫外線で弱りがちな目の疲れに効果的。
さらに、タンニンやカテキンなども含まれていて、それらには腸内環境を整える効果があります。

保存方法

ぶどうは、冷蔵庫か冷凍庫での保存がおすすめ。
冷蔵する際のポイントは「なるべく洗わないこと」です。
ぶどうの表面には「ブルーム」と呼ばれる白い粉がついており、ぶどうの鮮度を保つ働きをしていますので、食べる直前に洗ってください。

冷凍する場合は、よく洗ったあとに皮ごとジップロックなどで保存してください。
ぶどうは解凍しても元のおいしさを保ちやすいので、冷凍もオススメです。
ただし再冷凍は不向きなので、一度解凍したらそのまま食べきりましょう。

おすすめの食べ方

そのままで食べてもおいしいぶどうですが、おすすめの食べ方はヨーグルトに入れて食べること。
よく洗ったぶどうを、皮と種を取り除いてヨーグルトに混ぜるだけの簡単レシピです。
ぶどうの果汁がヨーグルトと混ざっておいしいですよ!

3.キウイ


キウイは、普段の食生活で不足しがちなビタミンCを多く含んでいることが特徴。
ビタミンCの他にも、食物繊維やカリウムに加え、葉酸、ビタミンEなどもバランスよく含まれています。
また、キウイは1個当たり50~60kcalと低カロリー。
1年中手軽に手に入るうえに、冷蔵庫で約1カ月持つなど保存性が高いのもうれしいですよね。

キウイに含まれる栄養素やおすすめの食べ方について、以下の記事でより詳しくご紹介していますので参考にしてみてくださいね。
今が旬!キレイの味方「皮ごとまるっとキウイ」をおいしく食べる方法

保存方法

キウイは常温、もしくは冷蔵庫で保存可能です。熟しているかどうかで保存できる日数は異なります。
熟していない場合は常温保存、熟している場合は冷蔵保存がおすすめです。

常温で保存する場合は、熟しているキウイは3~4日・熟していないキウイは約1週間が保存できる日数です。
冷蔵庫で保存する場合は、熟しているキウイは約1週間・熟していないキウイが1~2ヶ月がめどとなります。

4.スイカ


「夏の果実の王様」とも呼ばれるスイカは、水分を多く含んでおり、水分補給に最も適しているフルーツです。

栄養面では、糖分やカリウム、カルシウムやマグネシウムなどミネラルも含まれており、スポーツドリンクを飲むように栄養補給できます。

また、90%以上を水分が占めているスイカは、カロリーが低いことも特徴。
水分や食物繊維でお腹も満たしやすくなるため、間食としてスイカを食べることは健康面でも理にかなっているのです。

保存方法

スイカは冷蔵保存すると甘みが徐々に失われるため、冷蔵庫での保存は向いていません。
カットしていない場合は、常温で保存してください。
2週間以内であれば常温で保存可能です。その際、直射日光や30℃以上の高温は避けましょう。

カットしている場合は、冷蔵庫に保存します。
ラップなどで空気に触れないように保管することが、おいしく保存するためのコツです。

おすすめの食べ方

冷蔵庫で冷やして食べるスイカは夏の風物詩。
さらにひんやりしたい方は冷凍してシャーベットにするのも、おすすめです。
スイカを一口サイズにカットして冷凍するだけで、簡単にシャーベットを作ることができます。

5.バナナ


バナナは他のフルーツに比べカリウムの含有量が多く、筋肉の働きを改善することに優れています。
そのため、夏バテの主要な症状である「体のだるさ」の軽減が期待できます。
その他の栄養素としては、ナイアシンや葉酸、食物繊維などがあります。
これらは腸の働きをサポートしたり貧血を改善したりする効果があり、夏バテ対策にはピッタリです。

また、バナナのカロリーはご飯やパンの半分程度。
消化吸収も良い食品ですので、朝食や間食などで定期的に食べると健康に効果的です。

参考:バナナの栄養素|バナナのおいしい食べ方|バナナはスミフル

季節を通して入手しやすいことも魅力です。
夏バテ対策にはもちろん、日頃の栄養補給にもいかがでしょうか。

保存方法

バナナは、全体的に黄色がかってきて両端のみが緑色、という状態から食べることができます。
さらに甘くしたい方は、全体が黄色になるまで待つか、さらにその先の茶色の点(シュガースポット)が出始める頃まで待ちましょう。
保存は直射日光を避けて常温で保存してください。

おすすめの食べ方

バナナの消費に困っているときや、冷たいバナナが食べたいときにはまるごと冷凍がおすすめ。
バナナの皮をむき、縦半分にカットします。
ラップに包んで冷凍庫に保管すれば、日持ちのする冷凍バナナの完成です。
そのまま食べるのももちろん、チョコレートソースをかけてもGOOD。冷たいチョコバナナは夏にぴったりです。

6.パイナップル


パイナップルの旬は、7月〜9月。夏のシーズンにおいしくいただけます。

パイナップルにはプロメリンと呼ばれる酵素が含まれており、タンパク質の消化を助ける働きを持っています。
料理に加えると、肉が柔らかくしたり消化しやすくなったりと、夏バテで弱った胃腸の働きをカバーに最適です。

保存方法

パイナップルはバナナなどと違い追熟しません。
そのため、入手したら早めに食べましょう。

カットしてない状態であれば、新聞紙などにくるみ野菜室に保存。
カットしている場合はラップでおおうか、タッパーやジップロックなどに入れて野菜室に保存してください。
皮をすべて取り除いて一口サイズにカットすれば、冷凍庫で保存しておくこともできます。

おすすめの食べ方

パイナップルはクリームチーズとの相性が抜群。
2つをそのまま一緒に食べるのもよし、クラッカーやさくらんぼなどの付け合せを加えて食べるのもよし。
お好みの組み合わせを探してみてください。

まとめ

夏バテ対策は、質の良い食事と睡眠、水分補給が大事なポイント。
フルーツはおいしいだけでなく、水分補給にも栄養補給にもバッチリです。
レシピを工夫すれば冷たいままで食べることもできますので、暑さしのぎにフルーツを食べてみてはいかがでしょうか?

アミナチュールでは、7月20日頃までは桃の販売を予定しております。
そして8月10日頃からは、ぶどうの販売が始まります!
販売予定のラインナップは種無しのピオーネと巨峰、シャインマスカット。
減農薬栽培で、山梨の芳醇な水と土で育ったぶどうですので、ぜひお試しください!

こうちたつき
ぶどうも楽しみだなー!早く食べたい!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINEで送る
Pocket

OUR TEAM

このサイトは4人の仲間で運営しています。

4人は東京で出会った仲間でした。 建築、ファッション、IT、自動車開発と皆第一線で数年活躍してきましたが、あまりに忙しすぎる都会の生活に、日々のリズムを崩してしまいました。これをきっかけに、わたしたちは都会を離れ、それぞれ新しい土地で新しい人生の歩み方を探し始めました。

そして数年後、個々が新しいライフスタイルを模索した結果にたどり着いた一つの解がフルーツ、ドライフルーツを取り入れた健康生活です。 その中で得た情報をより多くの人に向けて発信できないかと考えたわたしたちは、再びこのサイトに集うこととなりました。

フルーツやドライフルーツがすべての健康問題を解決できるとは考えておりません。それでも、このサイトを通して少しでも多くの方にとって、よりよいライフスタイルを送るためのヒントになれば幸いです。  
OUR TEAM